ラジオがどんどん遠ざかる。

ロスジェネと言われる僕ら世代のほとんどの男子がオールナイトニッポンを聞いたことがあるはず。
それぞれお気に入りのパーソナリティがいたんです。

だから、僕ら世代にとってはラジオの存在感はそれなりに大きい。
でも、僕らの次の世代からは、どうにもラジオが身近ではないらしく、僕がラジオ番組をやっていたとき、たとえば、ヴォイストレーニングの教え子に、聞いてね!と言えど、「ラジオ持ってないんです」なんて返答が当たり前のように、返ってくる。
それも十中八九以上、百発百中、「ラジオ持ってないんです」だったよ。

ほんと、ラジオ、もう、駄目なんだなーなんて、ちょっと残念に思ってます。

去年から、放送大学に入学して、ラジオの授業も受けているのですが、突然、放送大学のFM放送が入らなくなった。
放送大学だけではない、TFMもNack5もjwaveも入らない!
コンポの背面にある、アンテナ端子にテレビからのアンテナコードを差し込んで使っていたんだけど、アンテナをスカイツリー用に切り替えましたってマンションのオーナーから連絡が入ったくらいから、FM放送が、FMヨコハマ以外入らなくなった・・・

なんでだーーーー!!!!!

こっちは、どんどんラジオに近づいて行ってるのに、ラジオの方から遠ざかっていくんだ。

仕方がないので、ラジオは、radikoで聞くようにしたんだけど、radikoだとタイマー録音ができないんだよ。
パソコンを立ち上げておかなければならないしクリックしないと再生しないし。

んじゃ、もー、ラジオ番組は基本、全部、Podcastで配信してくれ。
頼む。

ラジオ環境がどんどん悪くなる。

なんなんだ!

震災でラジオの存在価値が高まったんじゃないのかよー。

この前、伊豆へ旅行に出かけましたが、カーステレオからはもちろん、ラジオ。
だって、海外線を走るんだもの、リスクヘッジでラジオですよ。もちろん、ラジオが一番、心地よいのだし、後ろの席はだいたい爆睡しているので、運転しながら人とつながっている感が楽しめる。

でも、まじめな話、地震大国ニッポン。海外線を走るときは、音楽掛けずに、ラジオをつけていた方が良いですよ。

もっとラジオを!!!録音環境が悪すぎるので、番組サイドは基本、Podcastで配信を心がけていただきたいです!!!

Apple、iTunes StoreでのPodcast購読数が10億突破と発表

あれ、Podcastってそんなに聞かれていたの?と思いましたが、世界での通算ですよね。
でも、購読数なので、仮に一人が3つの番組を購読していたとして、世界には3億人以上のPodcastリスナーがいることになる。

インターネット人口が20億人と言われているけども、1割以上はpodcastを利用していることになる。

多分、アメリカ、欧米に偏っているとは思うけど、案外、捨てたものじゃないと少しだけ希望の光が見えました。

イベントやローカルメディアでしゃべる機会がある僕ですが、やっぱり全世界に声を届けられるPodcastは魅力的に感じます。

文字情報はみんな、毎日のように発信するけど、音声や映像を通じて自分のコトバを発信する人は、そんなに多いわけではないですよね。

映像、映像と言われていますが、多くがテレビやビデオの転用や、イベントを外から撮影したもので、自ら発信したものがそれほど多いわけではないわけです。

だからこそ、文字ではなく、自分の声で、発信するものの方が、考えるし、節度やマナーをわきまえるし、自然と、「良質」な発信になるのだと思います。

いかんせん、発信に時間がかかるし、聞く方も、環境と準備が必要だったりするところがネック。

発信する側に時間や労力がかかるのは、仕方ないというか、むしろ、掛けるべきだと思いますが、聞く側の環境も、今や、スマホユーザーが広がって整っている。
さぁ、そろそろPodcastでしょ!と思って止まないのです。

いつくるの、Podcast。

やるべき人がやって、WBSあたりが取り上げてくれれば良いのですって、他力本願・・・僕もそろそろ仕掛けます。

ちなみに、Google+で、「Podcast やりたい or やってる」というコミュニティを立ち上げましたので、ご興味ある方はどうぞ、お気軽にご参加下さい。