最近は身近に本を書く人が増えました。

電子書籍で気軽に出版できるようになって、だれだ?っていう著者の本がたくさん出ています。これが更に増えて、市場が混沌としてくると、結局、無名作家さんは淘汰されてしまうであろうから、多分、今がラストチャンスなんだと思います。

なぜ、そんなことが言えるか?

音楽がその道をたどりました。

誰でも、音楽を作って、ネットに載せることができるようになったとき、まだ、無名のミュージシャンがネットで発表していないときに先走ってネットに載せていたミュージシャンには、先駆者の利がありました。
※テレホーダイで、夜11時に4mb程度のMP3ファイルを1時間以上かけてアップしていた頃がなつかしい。

※夜11時から朝6時まで電話回線が(ネットが)タダになるサービス

僕も先駆者の一人で、結構お仕事に結びついたりしていたんですよ。

バンドヴォーカル時代

バンドヴォーカル時代


どこでどう使われたのか?知らぬ間に、通帳にNTT西日本からギャラが振り込まれてたりして、あれ?いつのまに!なんてことがありました。

ここで機動に乗ってデビューまで行ければ、良かったのかもしれない・・・と今になって思うんですけど、今となっては、アーティストとしてはiTunesを使って「世界デビュー」。一太郎やinDesignを使って、Amazonや楽天koboで作家デビュー!ここまで、自分でできてしまうのだから、もう、なんだかよくわからない。

あんなに必死こいて目指していたのに、いざ、自分でデビューできる時代がきたら、まぁ、時間ができたらデビューするか?みたいな感じになって、結局、本当に自分はデビューしたかったのか?
ただ環境や、社会の価値観、競争意識に踊らされていただけなのかもしれないなんて思うんです。

問屋やショップがいらないオンラインの世界に、音楽も本も市場の土壌を固めてきて、音楽のほうは先んじて、すでに土壌が固まっているわけですけど、書籍の方は、まだまだ先駆者の利が残ってる。

今こそ、作家デビューの時だと思いますよ。
うちのご近所さんは、amazonで一時、売上1位を記録していました。もちろん、編集者もつけずに。しっかり波に乗って今月脱サラだそうです。

電子書籍

焦るわぁー

人間には、情報処理能力に限界値がある、最近、心理学の講義で習いましたが、それはそうでしょう。コンピューターじゃないんだから。
では、人間の情報処理能力の何倍の情報が世の中に存在するのか?
それは、もう、毎日毎日、情報が垂れ流されているのだから、計り知れないですよね。

最近、日経電子版で新聞を購読しているんですが、最初のほうこそ、積極的に読んでたんですけど、いつの間にか読んでないという・・・

雑誌も購読するにも、いつのまにか、積ん読になっているという・・・

時間ができたら読もうって思うのですが、時間ができるなんてシチュエーションは、ほぼ、やってきません。

講義でも先生がおっしゃっていましたが、情報に対する正しい構えは、自分に必要な情報を取捨選択すること。

どんなに取捨選択しても、心理学というマーケティング手法を通して、いろいろな情報が、頭に刷り込まれていきます。

それを無条件に受け入れるのも、一つのライフスタイルですけど、そこで情報処理能力の無駄遣いをしている可能性もあり・・・

若ければ、浅く広く、たくさんの情報を処理して行けば良いのでしょうけど、今となっては、この先、オリンピック選手になるわけもなく、自分には、不要な情報は、むしろバリアだ。
積極的に、選んでいかねば・・・と思うわけです。

だから、もう、絶対的に、将来必要になる情報は、先に仕入れて、その限られた器に入れておくべきか・・・と思うわけです。

そういう意味でも、なにか、一つでも、雑誌を購読しておくことは、良いことだと思いました。

思うに、書籍は、知識、雑誌は、情報。新聞も情報ですね。知識に偏るものも良くないし。
どうしても、書籍に依ってしまう自分がいる。

Kindle Fire HDのユーザーなんですが、なかなかamazonがkindle ストアで雑誌を販売してくれない。なぜか、マガストアがKindleアプリで入るようになるという、よくわからない状況。
できればfujisan readerが入るようにしてくれれば良かった。