2004年8月ラオスへ渡るため僕はノンカイへ向かった。ラオスに開かれているタイ国内の国境はいくつかあるみたいだけど唯一ノンカイだけがあらかじめビザを用意しておかなくてもラオスのイミグレーションで取れるいわばお手軽な国境だということだ。

もちろん、僕もビザを用意してなかったのがノンカイを訪れた要因だった。

昨晩、ピマイにいたせいでノンカイへはピマイから近いコラート発0時30分のバスで向かう。

もちろん、バスの中で眠りにつけば早いということを見越して乗ったバスだったが着いたのは朝の5時30分。たったの5時間しか経っていなかったことが逆に本当にここがノンカイなのかと全員の乗客が降りるのを疑いながら寝ぼけ眼でバスから降りた。

降りたと同時にトゥクトゥクのオヤジたちがどこに行くんだ?ラオスか?と客引きをしてくることに本当に国境の街ノンカイに来たんだという実感がわいた。

朝が早いせいか、ソンテウや市街へのバスが走っている雰囲気はなかったのでトゥクトゥクで市街まで連れて行ってもらうことにした。

「ラオスに行くのか?」

「明日ね」

「ビザはあるのか?」

ビザはあるかを聞いてくるがビザは国境で取れるのではないか?と少々不安に思いながらもないと答えるもとりあえず市街へ向かうようにに指示をした。

交渉は50バーツでけりがつく。少々高いと感じたがどうしてもそれより下がらなかった。朝が早いせいもあるのかもしれないし、この街の相場がまだわからないのでまずはそれに従うことにする。

あとでわかったことだがノンカイのトゥクトゥクの相場は40バーツ。

駅に行くにもバス停に行くにも40バーツ以下には下がらない。

もちろん近くならもっと安くなるのだろうけどメコン川沿いに広がるこの街はとても歩きやすい。街も小さくトゥクトゥクに乗る必要性を感じない。乗る人も少ない。そのくせ客引きもしつこくないので彼らの生活が心配になる。

とりあえず適当なゲストハウスの名前を言い向かっていたのだが地図を見るとどうも方向が違う。なにか悪い予感がしていたがついたところが予感的中の旅行会社。ビザ取得の代行をするというのだ。ビザはラオスのイミグレーションで取れるはず。もちろん、ここでとるほうが確実で安心だろうが自分で何でもやりたいたちだ。

第一、トゥクトゥクオヤジの勝手に違う場所に連れて行くやり方が気に入らない。「ラオスには行かない!ゲストハウスに行け!以上。」ぶすっとした顔で一歩たりとも席から動かなかった。仕方なしにトゥクトゥクは走り出す。街に近づくにつれ朝霧の中、大きな河が近くを流れている空気を感じる。

メコンがまだ見えないところからメコンの空気がただようノンカイの朝は格別だった。

放っておいてくれ!ほんとに頭にくる。静かに歩くことは許されない。

リキシャに乗れ!シルクを買え! 薬をやるか?何かものを見る余裕も感じる余裕ない。

一度どこかの店に入れば、見るだけで店を出ることができるかどうか?買うまで本当にしつこい。

実際、それはインドどこでも同じ。でも、ここはそのレベルが高いということだけか、とにかく異常だった。

僕たち日本人にとって苦手意識を持ちやすいのがおそらくインド人ではないかと思えてくる。

朝、ゲストハウスで新しくチェックインしてきた東洋人にどちらからですか?と聞いてみると中国からだと言う。

今着いたのですか?と聞くと、昨夜深夜に着いたのだけど朝まで空港で待機していたんだよというこたえ。

デリーに空から入る人は第一日目は送迎つきのゲストハウスにしたほうが身のため、今後の旅のため。

黙ってそのホテルに連れて行ってくれたという話を聞いたことがない・・・まぁ、そのほうがたいした話題にならないからと言うのもありますけど。

およそ、どこかのホテルかどこかの知り合いの事務所に連れて行かれるのがお約束のようで。ずぶとい神経の持ち主の多い(失礼・・・)中国の方でも朝まで待機してしまうインド、デリー。免疫がない日本の方はまずはコルカタからをオススメします(笑)

そんなデリーでも3日もすれば楽しくなってくるのはなぜでしょう?

大阪人でなくても「なんでやねん!」とツッコミをいれたくなる理に適わない文化。神の使いのウシ君たちもむしろ食べてあげたほうが楽なんじゃないかね?

パハールガンジの真ん中で僕はこの先どうしたらいいわけ?とウシ君の目が泣いているように思えたのは僕だけでしょうか?

あのままでは動物虐待、たまにタッチして祈るインド人もいるけど祈るくらいなら餌をくれと言いたいはず。

リキシャに乗りラール・キラーに向かっているときリキシャのおっさんがそこらのにいちゃんとけんかを始めた。

あのぉ・・・僕たちお客さんはどうしたら良いのでしょう?

ただただけんかが終わるの待つばかりです。

何はともあれ、なぜか3日目からは本当に楽しいのです。到着日、翌日くらいはストレスを感じるかもしれないけど旅行会社のツアーなんかに申し込まないでとにかくゲストハウスで耐えてください。旅行会社に行ったら最後、50ドルや100ドル程度の手頃(?)なツアーなどは用意してませんよ。最低300ドルから上は1000ドルくらいのツアーがずらーり。契約しなかったら鉄砲君が出てくるところもあるとかどうとか・・・被害者続出中です。

旅行会社に行くときは 武器を持っていけ!と日本人にやさしい味方のとある友人のインド人が言っていました。

乗ったリキシャのおっさんがフリーマップいる?と聞いてきてもいらないと言いましょう。行き着く先は魔の旅行会社です。

とにかく嫌われてでも大いに警戒するべき場所ですが、実はそれはそれでとても興味深い街なのです。

今回、台湾のエバー航空のオープンジョーチケットで来ている僕は最終目的地タイまでの寄り道が多い。

(帰りの便はバンコク発)

ストップオーバーで台湾の台北に滞在。

そして、台北からここ、ホーチミンに降り立った。

さてはて、バンコクまで行かないと日本には帰れません。さぁ、どうしよう。

ホーチミンからタイへの陸路最短ルートは西のカンボジアに入りプノンペン、プノンペンからアンコールワット遺跡のシエム・レアプを通り、タイのアランヤプラテートに入る。

でも、僕はホーチミンに降り立ったその日に、このベトナムを北の首都ハノイまで縦断してみたくなった。タイに入るのはそれからでよかろう。うん、そうしよう。

開放的なベトナムの空気は普段まじめな僕を楽観主義者にする。

何が面白かったかってこのバイクのけたたましい数。

笑うほかない。。。

2車線道路を歩いてわたるのも一苦労。交通事故数は世界一という。

(インドネシアはしっかりカウントしてないからインドネシアのほうが世界一という説もある)

事故って当然だろうという走り方。

というか、普通に走ることはもはや不可能。

みんながみんな暴走族。族ではないから、暴走人であります。

ものは試しにバイクタクシー、略してバイタクに乗ってみた。。。

おじさんもおばさんも、若い女の子だって暴走人。

みんながみんな暴走だからそんな各々の走り方を許しあっているのかと思ったらそうでもなく、あぶねーんだよ!バカヤローっていう顔でガンをとばしあいながら走っているのです。

接触しそうになり僕をにらんでも「運転している人はこの人ですからぁ~」とニコリニコリと微笑み返し、バックシートに乗っていた平和主義者の僕にはちょっと精神的にきつかったです。

ベトナムの歴史はもともとフランスの植民地だったこと。

ベトナム戦争の文字通り戦場だったことを入れて見所充分っぽい。

北への向かい方はシン・カフェをはじめとするツアーバスでまずはニャチャンまでか、寝台列車でニャチャンかその先のダナンまで

男一人旅、ニャチャンはビーチだ。一人で泳いでも寂しかろうと次なる目的地はニャチャンをとばしてダナンから程近いホイアンに設定。

北へと向かうのです。ちなみに沢木耕太郎の一号線を北上せよに感化されたせいでもありまして。。。

バスでダナンやホイアンまでの直通はやってない。どうせなら寝台列車で直行したい。

バイタクでガ・サイゴン(サイゴン駅)へ行き、チケットをとる。

ベトナム北上の旅がここに始まる。

P1010176

宗教が大きく絡み歴史の渦を作り出してきたこの国にもやはりキリスト教は存在する。

日本にももちろん存在する宗教。でも、僕たち日本人の多くは宗教という原理を理解しずらいと思う。多くの国民の社会生活に密着しているとは到底いえないし、それが良いのか悪いのかは置いておいて。。。

宗教に帰依していると言うだけで胡散臭がられる若者文化もある。

このこと は世界の先進国の国民として問題があるように思えてならない。。。

でも、ほんの少ない期間でも特にアジアやアフリカを旅していると宗教の「意味」というのがうっすらとわかってきたりする。

「道徳」ということか・・・

もちろん、道徳一つで片付けられるほど宗教は浅くはないのだけども。

日本の道徳教育は昨今、問題視されているけれど、ほどほどに優れたほうに入ると思う。

ただ、教育を受けられる子供が100%でない国で、どうやってその道徳秩序を教えることができるのか、なにを基準に良いこと、悪いことと判断させていかなくてはならないのか?

宗教=道徳

そういう国に行って感じたことは

僕たちはこの国の宗教に守られている

ということ。

たとえば人をむやみに殺してはいけないとする宗教を信ずる人たちの国であればたとえ道徳教育がすぐれた国でなくてもその宗教心により平和が保たれていることになる。僕たち旅人はその恩恵を受けているといっても言い過ぎでないように思う。

でも 、どこの国でも宗教の戒律を都合よく解釈をしている人が多いなぁというのも僕の感想。

インドのコルカタにあるマザー・テレサの家はキリスト教の修道院です。

マザーの功績は映画や本でたくさん紹介されています。

ここには慈悲深い旅人が多く訪れる”スポット”。それゆえその慈悲に満ちた心に漬け込んでくるやからが多いので要注意です。

マザーハウスの前で起きる詐欺事件とは?

たとえば、マザーズハウスの入り口がわからずにうろうろしていると「こっちだよ!」と連れて行ってくれる子供がいます。たいがいウソは言わないでしょう。マザーズハウスに救われている子供たちですから。

でも、しかし、この子達、案内してあげた人が出てくるのを何時間も待っています。

出てきたらさっきのお礼をくださいとおねだり。「チョコレート、チョコレート!」

はいはいと笑顔を見せた瞬間、赤ん坊を抱いた両親(役?)が現れて粉ミルクやウエハースなどをせがんできます。

そんなもの持ってないよとジェスチャーをすると、お店を指さします。

ここに売っていると。

お店に入ったらアウト、彼らは万引きをして逃げていきます。

店主はパニック。なんてことをしてくれたんだ!代金はお前が払えと。

でも実は・・・

この店の主人もグルです。

気をつけてください

まんまとひっかかったのはボクです。。。


空港に降りたその日に行こうと思えば行ける近い街にタイで一番有名な遺跡の街アユタヤがある。

たくさんの観光客で賑わっている反面、遺跡たちは無言で迎えてくれる。

僕にとって初めての海外旅行はタイでした。その中でも初めての観光場所がアユタヤだった。そのせいもあり そのインパクトは強烈だった。

まず、バンコクの国鉄駅ホアランポーンからアユタヤまでの電車のチケットを取る。

ほんの1時間30分の旅。それでも、途中、バンコクを抜け、自然の生い茂る郊外の景色を通り抜けて着く。アユタヤはとてもきれいな駅。ぼぉっとしていてもアユタヤだけはアユタヤだと気付く唯一の国鉄駅かもしれない。

電車を降りるやいなやトゥクトゥクドライバーの客引き合戦に巻き込まれる。

彼らが一番、ターゲットにしているが僕たち日本人だということはどこでも同じこと。

非常にうるさい。。。

このアユタヤをまわるにはトゥクトゥクをチャーターするという方法がどうやらオーソドックスらしい。

もちろん、最初は僕も色々なガイドブックで謳われているそのやり方に従った。ほとんど全ての箇所を回ってもらって1200バーツでした。

今、年の三分の一から四分の一をタイで過ごすようになりもちろん、アユタヤには何度も足を運んだけど確かに相場は1000バーツ以上する。けれどちょっとその相場がおかしい。。。

きっと、日本人が徐々に引き上げてしまったのだろう・・・そのせいでトゥクトゥクドライバーにとってもおいしいチャーター客取り合い合戦が繰り広げられるのである。

実際、今日アユタヤに泊まるのならゲストハウスのレンタルサイクルがベスト。それかトゥクトゥクでワットプララーム公園まで行ってしまえばそこからはほとんどの遺跡を歩いて行ける。

ちょっと遠い遺跡まで行きたいのであればそこらのトゥクトゥクを捕まえれば40バーツから50バーツ。

どうがんばったって1000バーツもかからない。

おまけにチャーターしたらとにかくあちらこちら薦められて「行かされる」感じがするし、ここは15分な、30分なと時間制限をしてくるので時計を気にしながら見なければならないのが高すぎるのに加えて玉に瑕。

こんなこと書いてせっかくのトゥクトゥクチャーター客が減ってしまったらドライバーがかわいそうだとも思うけどせっかくタイまで行ってアユタヤを楽しむのだったら時間制限もなく、できれば泊まりで観て欲しいと思う。

そして、遺跡。

老廃、腐敗していく遺跡は世界中にあっても破壊された遺跡というのも珍しいのかもしれない

ましてや老廃しているというところは修復作業が行われていても破壊された箇所は修復されない、それは歴史をそのまま受け止めて欲しいというアユタヤの姿勢なのかもしれない。

ワットマハタートの仏頭が木の根によって持ち上げられた様子は偶然と神秘の狭間について色々想像させられる。

エレファントキャンプでは象に乗る事ができます。200バーツで何分。300バーツで何分と受付に書いてあるけど実は100バーツのコースも用意しつつ宣伝はしないというなんだかわけのわからぬ商売精神。

象に乗っているお客さんのカメラを借りて写真を撮ってくれるスタッフがいるけど安心して預けても大丈夫。お金もかかりません。

詐欺に遭ったのは僕自身です・・・

今日のバンコクではもはや世界ウルルン滞在記のような心温まるような出会いはないでしょう。

バンコクはみてもそっくりな東京のコピーという人も多く街を歩く人も都会人。

そんな都会でにこやかに声を掛けられても、それは東京で声を掛けられるケースとほぼ同じ。

つまり、裏がある。

とはいえ、バンコクはさほど危険な都会ではない

バンコクは危ないと声高らかに言われていますがそのレベルは東京とさほど変わらないように思えます。

とはいっても用心に越したことはありません・・・ここで、僕が痛い目にあった詐欺をご紹介しましょう。

その名も賭博詐欺。

ガイドブックにもこと細かく手口が載っておりまして僕が友人に体験談を話したところ、まったくガイドブックに載っている通り過ぎて爆笑された。

あんなに恐い体験したのに目の前で大笑いです。

まぁ、そんなわけでワンパターンな詐欺です。

知っていれば回避できることでしょう。

そんな教科書どおりの詐欺を体験してしまったのは大都会バンコクで世界ウルルン滞在記のような出会いを求めていた僕が悪いのです。

賭博詐欺に遭った日のこと

バンコクの有名デパートマーブンクロン別名MBKにてカバンを買うときのこと。

横からあれこれ教えてくれる店員さんがいました。

「それ、コピー」「それ、本物」「それ、グッドチョイス」とかいろいろうるさいのです。

まぁ、おかげで良い買い物ができたのですが店を出てもついて来る彼は、実は店員ではなかった。

ちょっと話そうよという切り口からして怪しい若者ですが、このときの僕、まだ海外2回目にて未熟者でした。

長々 と話していくなかで僕が音楽をやっているのに対し、彼はドラマーだと言います。うちにドラムセットがある、セッションしよう!ということで彼の家に向かったのでした。

その先は言わずもがなの賭博詐欺。

セッションどころか、彼の父さん現れてカードゲームのいかさま方法を教えてくれたらその30分後に奇跡のタイミングでカードゲームをやろうというデブおじさんが現れる。あれよあれよと勝っていくうちに最後の勝負だ!と演じたおじさんに大負けするというからくり。

途中であの有名なカード詐欺だと気づいた僕は、ギャンブルは嫌いだ!仏がゆるさぬ!家訓でギャンブルはできないことになっているだの大騒ぎして無事、被害もなく帰れたわけですが、ここで得た経験も大きかった。

反省点として・・・外国の友達を作るなんて容易なことではありません。

もし、本当に友達になれた外国人がいるならば、本当に大事にしてください。

アジアに滞在する場合、多くの現地人からは僕らのことをお金持ちが歩いているようにしか見えていません。

それでもなお、僕らに見返りを求めずに友達になってくれた人がいたならば本当に大事にしなくてはなぁと思うのです。あぁ、しかし、あんな体験は2度とごめんなのです。