そこにラオスが見えるから

陸路国境はタイからマレーシア、マレーシアからシンガポール以来の今回。

タイからラオスに渡る!

しかも、国境でビザを取得しなくてはならないのは初めて

だがしかし、僕はけっこうなめていた。

仲の良いタイからラオスへ渡るなんてきっと朝めし前だ。

ガイドブック「メコンの国」を見るとビザ代は30ドルと記載されているが米ドルなんて今回は持ってきていない。

「まぁ、タイバーツでなんとかなるんでしょう・・・」とお気軽な構え。

プラス写真が必要と書いてあるけど、なくても大丈夫と言っていた人がネット上にたしかいたっけなぁ?とこれも用意していない。

ネット上に転がっている都合の良い体験談を優先してしまうのは悪いくせだ。。。

どうにかなるさでタイの出国管理事務所へ行く。

そこでは行った先のことなど知らん!という感じで簡単に出国スタンプをくれる。

米ドルはあるのか?写真は用意したのか?なんて聞いてくれる親切な公務員はいないのです。

10バーツで国境を越えるバスに乗る。

メコン川を渡って国境を越える。そんなバスに乗っている。気分が高揚してくる。

ボーダーを空中で超え「ラオスだ!」

最高の気分。

バスはメコンを越えてラオスのイミグレーションに到着する。

さて、入国審査だ。

入国シートに記入しなくてはって・・・あ、ペンがない。。。

恐ろしいくらいに国境をなめている自分。

この先、この国境を目指す人たちよ!先に言っておきます

ペンと写真と30ドルは用意していってください。

とりあえず近くにいた中東っぽい人にペンを借りて「ここは何を書くの?」なんて聞きながら入国シートを仕上げる。

そしてイミグレーションの列に並ぶが、親切な中東の彼がいっしょにやってあげるからパスポートをかしなと言ってきた。

いやいやパスポートを人に渡すなんていくら親切でもできませんよ。

僕の番になり係員にパスポートと入国シートを渡す。

入国シートに写真が貼ってないのをみて「写真!」というので「ない」と言うと彼はおまえはバカか?というような感じでこちらを見ている。

やっぱりダメか・・・と最後の手段で用意していた普通のスナップ写真を差し出すがこれでは、規定のサイズより大きすぎる。

そこで規定のサイズどおりにペンで線を引き、カットプリーズと係員に差し出すと係員はその写真の僕の顔の部分だけを切り取った。

律儀やのー・・・と感心していたが、規定サイズギリギリに切って顔がいっぱいいっぱい。

周りの人たちも笑っていた。

みんなの写真はバストアップなのに僕のは顔がはみ出るくらいだった。

和やかなになった中、「30ドル」と言われて再び、「ない」と言うと、「タイバーツはある?」と聞いてくる。

ほれほれやっぱりタイバーツでも行けるんじゃないかーと思いきや「1500バーツね」だって。

やっぱりビザはどこでも米ドルかいな・・・30ドルで済むところ1500バーツということは日本円で約1500円ロスした。

皆さんは国境を越えるときは準備万端で臨んで下さい。

でもここは平和な国境です。

お気軽にコメントください!