21日、22日と西伊豆へ旅行してきました。

帰り道、台風ドンピシャ!初日は大丈夫でしたので充分遊べましたけど。

西伊豆は、まだまだ未開拓ですね。台風ならまだしも、雨だった時の代替の遊び場がない。

なんでこんなに観光施設が少ないんだろう・・・と思っていましたが、車で走ってわかりましたよ。

アクセスが悪い。

伊豆スカイラインは、特にバイク乗りにこそ楽しい道路かもしれないけれど、サンデードライバーが家族を乗せて旅行に行くにはややしんどいほどにカーブの連続。

伊豆スカイラインと検索したときの予測検索の次は「事故」ですから、初心者のかたは近づかないほうが良いと思われます。

松崎海岸に行くのに、西伊豆スカイラインこと136号線をみちなりに進んでいけばよかったものの、うちのバカナビが県道59号線を行けと言うじゃない?

こっちのほうが近いのか?と思い進むともう後戻りはできない

静岡県59号線は、一車線道路で泣きのカーブの連続。

岩陰になってカーブの先が見えない!一車線だから向こうから来たら正面衝突です。

すれ違いも岩肌ギリギリにつけないとすれ違えないところが多い。超恐ろしかった。ミラーの角度も鋭角で向こう側が完全に見られないんです。

運転しながら「来るなよ、来るなよ」ってつぶやき続けた。

雨とか夜とか絶対に運転しないほうが良いです。

東京、厚木方面から、西伊豆に行くときは、迷わず東名高速道路で、沼津インターへ!

そこから伊豆縦貫道、修善寺を抜けて国道414号線をまっすぐ。その後15号線へ入るルートをおすすめします。

小田原厚木道路経由だと、伊豆スカイラインを抜けてこなくてはいけないので、ファミリーで行くにはやや同乗者が参ってしまうことでしょう。

県道など入ってしまった日にゃもうついた頃はヘロヘロになります。

帰りは台風ドンピシャで、414号線も消防やパトカーが走っていて状況を確認していました。

あのあと通行止めになったとかどうとか。大きな木の枝も道に転がり落ちてきてるわ、道路が冠水している中走ってきましたが、なんとか帰ってこれました。

台風の西伊豆は宿泊施設待機するほうが良さ気です。東伊豆だったらまだ、道が良いですけどね。高波は心配ですけど。

ちょいと友達と山形県まで旅の途中、新潟県の村上市を訪れました。

鮭がたくさん干している光景を見ることができた。

IMG_20160329_141022

 

鮭の酒びたしと言うらしいです。

僕が行ったのは喜っ川というお店。

どのくらい干すんですか?と聞いたら一年なんですと。気軽に入ってしまいましたが、干している部分はご自宅の一部とかで。

鮭の卵、僕たちがいくらと呼んでいるやつも酒漬けで売ってました。

新潟県は、酒がうまいと言いますからね。僕は日本酒、飲めないんですけど・・・。

大人の観光に向いていると思いますよ!

厚木から村上までは厚木から圏央道を使って、八王子を抜けて関越自動車道に入ります。ぐぐ~っと北に向かえば5時間掛かりませんでした。

圏央道ができたおかげで新潟が近くなりました。

2015の夏は突然の終わりを告げるのか?

猛暑と言われていた今夏、8月も下旬に入ると、涼しい日々が始まり、もう1回、子供たちをプールに連れて行こうと思っていた気も失せてしまった。

でも、夏はプール!

なんせ、安い!子供3人いると、遊園地よりプールのほうがベターだ。

ただ、混みすぎているプールはちょっといただけない。
ぬるいし、なんか、ちょっと気持ち良くないし。

横浜のこどもの国は、そういう意味でも、ちょっと混みすぎていた。さすが、横浜。

オススメは地元の公営プール。なかでも、神奈川県の愛川町の田代運動公園プールはクオリティが高いし、郊外なだけに空いているしでとても良かった。

ウォータースライダーも並ばずにバンバン行ける。

タダみたいな料金。ちなみに、僕はハートピア会員なので実際、タダである。

むろん、6ヶ月の娘はタダだろうとハートピアのチケットを用意して行かなかったら幼児は0歳から料金がかかるのだそうだ。

更に、おむつ水着でもプールに入るのは禁止。赤ちゃんは、料金はかかるし、プールには入れない、これはちょっといただけなかった。まぁ、150円だけど。
周りを見渡せば、明らかにまだ、おむつとれていないだろうという赤ちゃんがプールに入っていたけど、まぁ、うちはルールを守って、夫婦かわりばんこで上の子たちと遊んでいましたよ。

飲食は基本的にOK。山々に囲まれて抜群の眺め、空気も良い。かなりオススメレベルの高いプールでした。

2015の夏は終わり、来年以後、混んでるプールはいやという方は、オススメです。

独身時代、先に結婚した友人が言っていた

結婚すると、ご飯代が2倍になる。

牛丼が600円だぜ!

と貧乏夫が奥さんの前で言っていたが、うちの場合は、いまや5人家族、仮に下の子が2歳以上になったとき、海外旅行に行こうものなら、航空券が軽く5倍。

月収行くよね。

行けません…

このサイトの旅行記も独身時代は海外専門だったのが、今や国内ファミリー旅行記専門になりつつあるのだから、人の人生とは巡り巡り、変化していくものだなーと実感するのです。

さて!夏休みになるぞ!ということで、ホテルを予約するのですが、1ヶ月前からみんな動いています。

すでに人気のホテルなんかは、埋まっていく。

予定が見えなくても、天気が分からなくても、とにかく先に抑えるのが我が家の鉄則。

そして、3日前からキャンセル料が20%掛かるので、予定変更の時はなるべく早くキャンセル、なにかあったら変更をすればいいんだ!という勢いで予約してしまうことをオススメします。

4日前くらいになると、週間天気予報も比較的精度が高いので、台風が来るとかなんとかそういうときは4日前には早々にキャンセルする。

外出はあぶないからね。

逆に言うと、4日前くらいになると突然、キャンセルが発生し始めるので2週間前とか10日前よりも、2,3日前とか、へたすりゃ当日プランとか、良いホテルが取れたりする。

旅行予約もテクが必要なんです。元バックパッカーはリーズナブルに済ますという癖が一生抜けないのである。

ぼちぼち夏休み。

今年は土日が頭にくっついているので実質43日間ということになる。

子供のいる家庭は、魔の43日間ということになるのです( ̄。 ̄;)

うちは土日の度に僕たち親がぐったりするほどに大騒ぎ、必ず1日2,3回けんかをする。

そして産まれたばかりの赤ちゃんを起こし、妻がぐったりするのである。

さて、そんな楽しみな夏休み(笑)

テーマパークを決めようということで検討中。

今、6ヵ月のベイビーがいるので絶対にディズニーランドは無理なのです。

2時間待ち。ベビーカーは持って並べない。つまり、2時間だっこ。無理無理無理。

乗り物は、乗りたいときにすっと乗りたい。

でも、そんな空いている遊園地でも、さびれてたらイヤ。夏だから水遊びができるのがベスト。

せっかくなら空気が良いところ。車のアクセスが良い、渋滞しない、いろいろと好都合な事を並べると、首都圏では以下の2つが残るのである。

神奈川県の相模湖プレジャーフォレスト。

静岡県浜松市のパルパル。

どちらも、お弁当を持ち込めるので食費も節約できるのである。

どちらもメルマガクーポン必須である。子供3人抱えると、そりゃもう財テクですわ。FPだしね。

GWの行楽の帰り

車で暇をしている息子に特別にスマートフォンをかしてあげた。

音声検索に興味を持ち、あれこれと検索をしている。

最初は「ドラえもん」とか「ポケットモンスター エックス ワイ」とかで映像を検索しては喜ぶ5歳。

出てくる映像は予告編とか、ダイジェストなので、全編再生される映像を見たくなったのか

「ドラえもん スペースヒーローズ ぜんぶ 見る」

とか言って検索をしている。

それには「映画館に行け」と運転しながらつっこんでおいた。

しまいには

「えーと ドラえもん ちょっとだけ長いやつ たたかってるところだけでもいいから」

とGoogleに話しかけたり、無茶ぶりを始めたり・・・( ̄。 ̄;)

そのうち、アニメのタイトルを言って、その主人公が何かをしているところだと延々と説明しだし、最後に「出てこい!」と叫ぶ。

運転中で実際、何が検索結果に出てきているのかわからないけど、その検索結果に満足しているのか、あきらかに見たかったであろうものを導き出して見ているのだ。

おそるべしこども。

そして、そんな幼稚園児の無茶ぶりにも応えるGoogleの能力。

いや、多分、偶然だろう?ちがう?

ちなみに息子はまだ、「さしすせそ」が「しゃししゅしぇしょ」なのに、しっかり検索されている。

おうちに着いたら返してもらった

おもちゃじゃないから、また、いつか