自ら起業して、会社を興して生きていると

1.スゴイ

2.うらやましい

3.大変ですね

いずれかのコトバをもらう。

ボクがこの中から正解をだすならば、正解は、3番です。

たしかに、自由ではあるけど、その分、厳しい部分はある。プレッシャーもあるし、法人化すれば納税は事業の分と個人の分とダブルだもの。あと保証の少なさと…

世の中のビジネス雑誌や起業のすすめ的な本でいうバラ色人生は、話半分くらいに聞いておいた方が良いです。

良い部分だけを想像して飛び込めば、必ず痛い目を見ると思います。

厳しい部分があるからこそ、自由な部分もある。

とにかく、そんな簡単なものではないというのが、起業10年の実感。

なんか、楽々みたいな、コピーが踊っていて、オイオイって思う。

簡単に起業するには?でよく出てくる司会。

なめんなって言いたい、簡単にできると思うならやってみろという感じだわ。

まずは友人の結婚式から?おぃ、その友人は一生に一度のセレモニーを練習に使われるのか?ありえん。

簡単に起業するには?でよく出てくるアフィリエイト。

アフィリエイトってばウェブやブログの広告をクリックしてもらうわけですよね。

広告のクリック率は1%程度。頑張って誘導しても5%くらいでしょうか?

20アクセスで1人クリック。申込み1件1500円くらいの報酬が多いですが、このくらいの案件だとクリックした人の申込み率が1%以下です。

この例で計算すると100アクセスで1,500円。

日給1万円稼ぐには、1日700アクセスか。

そこそこ有名な芸能人かよ。

ちなみにアメブロのアクセス解析は20で割ったくらいが実数です。マイページに表示される1日のアクセス数が14,000でなんとか食べていけるかもしれません。

見たことないな…こんな数字。

簡単に起業するには?でよく出てくるウェブ制作。

実は、これ、ボクは世の中で一番難しい職業だと思っています。

え?って思いました?

たしかに、作ろうと思えば今は、色々なツールである程度、お客さんに納品できるものは作れると思います。

でも、「ウェブ制作をしています!と世に自分の存在を知ってもらうこと」

これが世界で1番難しい職業なのです。

理由は、同業者がウェブマーケティングのプロだからです。プロ中のプロ達です。

どんなに頑張っても、そのプロ中のプロ達の広告に埋もれて地下奥底で延々と叫び続けることになるわけです。
「ウェルカム!いらっしゃいませ!」と。

アクセス解析は、うまく行って20/日くらい。

どんだけボクが苦しい思いをしてきたか?

じゃあ、どうすればいいんだ!?って思いますよね。

仮にウェブ制作をします!でアクセス50/日いくレベルであれば、他のジャンルでその10倍は行くのではないでしょうか?

早々に手を引くべし。オプション程度で、これもできます程度にしておくことをオススメします!

起業のカウンセリングしています。FPなので、ライフスタイルマネーについてと、経営者なので、事業運営についても、心理カウンセラーなので、メンタルについてもご相談どうぞ。

12月にオープンする事務所で格安で起業カウンセリングも行っていきます。

舞台

このところ、芝居人のライフスタイルについて書いてきました。

表現者としての能力や、コミュニケーション能力が高いので、きっと、芝居以外の分野でも活躍できる素質を育んでいると思います。

ただ、芝居人に限って、舞台にこだわりたい人が多いのも事実で、映像には興味がない!という人が結構多いのを知っています。

こだわり、専門性をさらに追求することは大事なことですが、その専門性を追求している分野が、市場として成立していなかったとき、とても危険な行為のように思えてなりません。

ふと見つけたベトナムの実写版ドラえもん。

これは、仲良しグループか?多分、そのレベルの人たちではなさそう。会社のグループ?もしかしたら、劇団ではないか?とも思う。

それだけよくできているからだ。

市場調査などしなくても、ネットの普及率が世界的に上がり続けていること、一人あたりのネットで動画を見る時間が世界的に増え続けていることは知っていると思います。

ならば、表現者はそこにもフィールドを広げるべきです。シンプルに動くことで、本来、貫きたい舞台にもフィードバックすることができるのでは?と思います。
一口に、芝居と言っても、そこには、広報もあれば、経理もあり、普通の会社と同じです。
動画を広報と捉えれば、けっして、舞台の芝居から逸脱しているわけではありません。

幅を広げて、知ってもらい、たくさんの人を芝居小屋に集めると同時に、市場が欲しいと思うところにも、活躍の場を広げる。

たとえば、このドラえもんを演じている人たちが劇団員であったなら、この広報の効果はどれだけ高いだろうか?この劇団の芝居に行きたい!と思う人がどれだけ増えただろうか?と想像してみて下さい。

「舞台にこだわりたい!」といって、他のことをしない頑固者は、今の世の中では生きて行きづらくなってしまったのかもしれません。
浮気性なくらい、サーファーのように、来た波に、順々に移っていくくらいの柔軟性が必要なのだと思います。

もちろん、知名度とプロフェッショナルというレベルの技術を身に付けてからであれば、それしかやらない!という頑固一徹も通用するし、それこそが売りになるのだと思います。

今から頑固者でどうする?と言ってあげたい(というか日頃から言っている…うるさい演出家だな…と思われているのだろう。)

「自分のやっていることを公言することで、周りが自分を引っ張っていってくれる」

このことを最近、つくづくと実感します。

私は、これを仕事にしています。

僕は、これが得意です。

これを公言しておくことで、人から頼まれることに自然となるんですね。

それ以外にも、

今後、こんなことをしてみたい!

と公言すれば、また、人が現れる。

自分の意思だけで、何かを進めるのは大変だけど、人からやって欲しいと頼まれると、モチベーションが一気に上がります。

逆な考え方をすれば、モチベーションが上がらないときは、私はこれができます!これが得意です!ということを方々に発信することに努めるに専念すると良いかもしれないです。

そういう意味でも、1人1人に個人サイト。オススメです。

さぁ、9月に芝居の演出やります。早速、来週から打ち合わせも始まります!

コツコツ型か、一夜漬け型か?

自分はどちらか?というのは、学生時代を振り返れば一目瞭然で、私は一夜漬け型でございます・・・

どういうわけか、コツコツ型のほうが、賞賛される社会ですけど、実は、一夜漬け型の方が、効率が良い!という。

このような表現で言っているわけではないですけど、あなたの仕事に革命を起こす!「しないことリスト」で読んだ話では、一つの事を、一遍にやってしまった方が時短になると、いうわけです。

ただやっぱり、一夜漬けは、本番に響くのでこれをある程度前倒しでやれれば良いのかもしれない。続きを読む

ラジオパーソナリティ志望の人が減っているようだ。

以前、通っていたTokyo FMのパーソナリティカレッジにまた、そろそろお世話になろうかと思って、ウェブサイトを確認してみると、「新規(過去経験者含む)受講生の募集は行っておりません」と表示されていました。

ガ~~~~ン

僕がTFMに通っていたときを同じくして、あの忌まわしい3.11が起きました。当然のように、ワークショップは延期を重ねて、受講者にそれぞれ何があったのかわからないけど、次に集まったときは半分以下に減っていました。

それでも、その少ないメンバーでこんな時だからこそ、ラジオの大切さを知ったという話を、講師の小川もこ先生から聞いたことを昨日のことのように思い出します。

とても、すばらしい実践さながらのレッスンだったんですけど、もうないのか・・・

ラジオそれでも、イベントMCしかやったことがなかった僕が、あれから、地元のケーブルテレビのMCや、となりの市のFM局のパーソナリティなどを経験してこれたのは、TFMパーソナリティカレッジのおかげ。

あそこで学んだことは自分にとっては本当に大きな転機でした。
ただ、今、また、技術に更に磨きを掛けようと思っても、ホントに、しゃべる技術を磨く場所というのが、この日本にはほとんどないことに気付かされる。

習うより慣れろと言うことかもしれない。

もちろん、劇団や、タレント養成所、アナウンス学院などの専門学校はあるのだけど、劇団以外は、10代、20代が対象だし、劇団でいまやラジオパーソナリティやMCに特化しているところはまずない。
とりわけ、パーソナリティカレッジのように、本番用のスタジオで実践さながらのレッスンなどできるわけもないし・・・

ならば・・・

自分にもそれなりの経験があるのだから、共に学べる場所を作れないかと考えています。

仮想FMラジオ局!?

Chrome retro radio実は、地元でも、FM局立ち上げの話がありまして、そのプロジェクトの話にも参加させてもらっています。
でも、そこには資金面をはじめ、多くのハードルがあるわけですけど。

そんな中、地元だけでなく、全国に、コミュニティFMを立ち上げる動きはあるようですね。

僕は番組作りを企画から経験したことがありますが、番組をゼロから立ち上げるのは本当に大変でした。
ましてやこれから立ち上げる局だと、一週間×24時間、深夜は音楽チャンネルに切り替えるにしても、1日10番組×7曜日でおよそ70番組は作らなければならないわけで・・・
昼帯番組にしたとしても曜日ごとに特色を出す必要はありますよね。

週1回の1時間番組の新番組を企画から担当したときは、取材や原稿やらで、寝る暇もなかったです。
それが70番組となると、恐ろしい量なんですよ、ホントに。

だからこそ、番組作りを先にして、パーソナリティを共に育てて(一緒に現場で学ぶという意味で)ラジオ局の援護射撃ができたらなとも思っているわけです。
多分、全国のFM局はトークの技術面に課題を持っているはず。(サイマルを聞けばわかります。それはそれで地元っぽくて味があるにはあるのだけど・・・)
もちろん、このようなサイト単独でも、脚光を浴びることができるようになれば、それも良いなとも思いますけど、まずは、全国のラジオの質を上げたい!というのがサイマルを聞きながら、夢想旅行をする僕の理念です。

北の方で雪が降っている日に、その土地のFM放送を聞くのが好きなんです♪おぉ~雪降ってるんだ?ってなんか旅行している気分になる。

全国のコミュニティFM局に、番組企画や、パーソナリティを紹介できるような体制を作ってみたいなと考えています。

仮想FMラジオ局で今考えているコトはこれだけ♪

1週間の番組表を作成。それぞれの曜日、それぞれの時間にフィットする番組作りをして、クリックして音声が流れる仮想番組表を作ること。

目標はたくさんの表現者を輩出すること

そこから、全国のFM局へパーソナリティが巣立って行ければ素敵だなって思っているのですが、むろん、一人じゃできるわけもなく、ラジオ好きの賛同者がいればな・・・なんてことを思っています。

ラジオなので、基本はPodcastを使いながら、ラジオ形式の番組であれば、Ustreamや、ツイキャス、ニコ動でも良いのかな?統一した方が良いのかな?

ちょっと考え始めています。

企画ページ。PODCAST普及計画 PODS ぽっず

ウェブ制作

今日はデザインの話。

僕はデザイン会社を経営しているのですが、本当は、自己表現の会社と言いたい。

ただ、税務署でこれを書くと、意味が通じないので、デザイン会社と職種を書いている。

デザインと言えdesignば、イラストを描けると誤解されるのですが、ほぼ素人に毛が生えた程度なんです。

以前、ミュージカルの歌唱指導中、発声方法を説明するため、人の顔と口の形を黒板に描いたら、がっちり中学生の心をつかんでしまった。

演出、作曲、シナリオとなんでもできる人とあがめられていたマルチティーチャーが、なんとも中学生にコテンパンにばかにされた瞬間でした。

まぁ、今では、ソフトの実力を借りて多少のイラストも描けるようになりましたが、基本は、外注か、買い取りをします。あの方々には到底かなわないからです。

僕の会社の事業分野は、配置、配色といったレイアウトの分野です。

お仕事としては、ウェブデザインや、会社案内が多いですが、ウェブデザインにおいては、最近、Wordpressの需要が非常に多い!もちろん、テンプレートをオリジナルで作るのですが、よそさまがどのようなものを作っているのか?と参考までにフリーのテーマ(Wordpressではテンプレートのことをテーマと呼ぶ)を探していたら、こんな良いものが手に入ってしまった。
TABIMELOがかっこよくなった。

表紙参照!

ちなみに、Wordpressとは、ウェブサイトとブログが一体化したようなプログラムです。このTABIMELOもWordpress。

ちなみに、このテンプレートは無料でございます。
ここまですばらしいテーマが無料ごろごろしているのに、どうして1から自分でプログラミングする必要がございましょうか?

仕事放棄か?(^▽^;)

ちょっと待て。プログラミングとデザインを両方やれて一人前なんて誰が決めた?
インターネットやるのに、パソコンが作れなくちゃいけないのかい?(ここまで来ると屁理屈?)

思うに、僕はプログラマーには向いていない、あくまで、表現者なので、今後の主軸のプログラミングはオープンソースにおまかせして、カスタマイズを主なお仕事にしていこう。そうしようと思った。
ちなみに、このレベルのWordpressのテーマをプログラミングするとき、一人だと短くても2週間、ボクの場合は1ヶ月は掛かる。チームではない分、テスト運用などの期間も必要なので、その後、エラーチェックとして最低2週間~1ヶ月は運用してみるのだ。
これはできる限りオープンソースに任せた方が良いぞ・・・そして、その方が、お客さんに対してもコストパフォーマンスにつながるのです!

そんなWordpressの無料テーマ(テンプレート)ですが、ここまで彩れるのは、デザイン力だと思います。そう思いたい。。。
ここでプロの力を発揮すれば、完成度はかなり高くなります。

WORDPRESSは定期的に情報を発信していきたいという方にはもってこいのツールです。
ブログで良いよ!という方は、「無料ブログ リスク」で検索してみて下さい。思い入れのある人ほど、リスクは高まるし、ちょっとなんとなしに書いてるだけという方は問題ないでしょうが、そんな方はこの記事を読んでいないでしょう。

必要なのは、レンタルサーバーロリポップ!で充分。

ドメインはムームードメインで年額1,000円以下です。

1ヶ月ワンコイン以下になります。

契約したら、ドメインとサーバーを紐付け(上の掛け合わせだと同じ会社だから簡単です)。
ロリポップのコントロールパネルで、Wordpressをインストール。
Wordpressを立ち上げたら、外観から好きなテーマを選んでインストール。

外観を選ぶときのオススメの検索ワードは、’responsive’
これ、要するに、パソコンで見ても、スマホやタブレットでみても、対応しているテーマがでてきます。

好きなテーマを選んだらデザインスタート。自分でもやる気があればすばらしいデザインに仕上げることも可能ですが、お仕事としてデザイン方法や、Wordpressの使い方などレクチャーして回っております( ・_・)ノお願いします。
複数名集まっていただければ、ワークショップ形式もOKです。

個人の日記であれば、もちろん、無料ブログで良いと思うのですが、情報発信で何かしらの効果を目的とする場合は、SEOの観点からも、絶対、WORDPRESSがおすすめです!
もちろん、個人の日記であっても、個の時代です。脱組織!僕の周りでも結構、脱サラ多い・・・
個人ブログは、Wordpressで個人サイト+ブログへ!