音楽活動

僕が最後にライヴハウスで歌ったのは、8年前。

娘が誕生した年、渋谷でレギュラー出演をしていたライヴハウス多作。

実はそこから、ライヴハウスで歌っていません。イベントではちょこちょこ1曲、2曲歌うことがあっても、自分のバンドのライヴという看板で歌うことはなかった。

子供が産まれたことで、なかなかお金につながらない音楽よりも、少しでも仕事につながっていたデザインや企画、コンサルにウェイトが上がっていくのは子を育てていくという責任感ゆえだったのだと思います。

それでも、音楽は継続していて、ミュージカルや舞台音楽を中心に作曲家や、ヴォイストレーナーとして継続していました。

8年経って、今は3人の子供もいる。

そんな中、音楽に対する執着が人を呼ぶのか、作曲の依頼は頂き続けるし、夏には久しぶりに名指し、出演料つきでライヴの依頼も入った。
パーソナリティ講座を受けたいという女の子が、使っていないんでとエレキギターを「もらってください」と持ってくる。

回りがこぞって、あなたミュージシャンでしょ!と言っているかのように感じてくる。

芝居は芝居で続けてきたけれど、先日、知人の舞台を見たのですがそこはライヴハウス。

バンドライヴと芝居のコラボレーションということで久しぶりに生のバンドの音を全身でうけてなんだか震えるような気持ちになった。

40歳。

また、ステージへ。

思うに、音楽を30で辞めるとかそういう人が多すぎる。

30歳。もちろん、忙しかったり、他のことで責任のある立場であったりしてなかなか難しいこともあるだろうけど、細くても長く続けてみることをオススメします。

きっと音楽の方から、話しかけられる。

40は時間や自分をコントロールできるようになる歳。音楽や芝居や何かを加えても、自分の生活への責任だって全うできるはず。

今日はミュージカルの本番。

エンディング主題歌をオリジナルでつくって提供しただけですが、これがぼくにとっての毎年の恒例行事となっております。

タイ、バンコクの日本人劇団のミュージカル。

劇団の名前はサザン天都。

僕がアジアを放浪していたときにふと立ち寄ったのがその劇団でした。

当時は、普通の芝居をやっていたんですが、稽古を見学した翌日に、劇団の方達とお茶をしていたら、本当はミュージカルがやりたいのだけど、作曲家がいないという話がでたんです。

そこで、「あれ?僕、作曲家ですけど」ということになり、僕にとっての毎年の恒例行事になったのです。

さすがに、海外なので、なかなか応援に駆けつけることはできない、出演者がどんな人たちで、どんな仕上がりになっているか、本番終了後に送ってもらえるDVDを見てやっとわかる感じ。

でも、この前、出演者の方が、facebookでメッセージをくれました。

素敵な曲をありがとうございます。一生懸命、練習しています。一度、お礼が言いたくてメールしました。

ちょっとだけ、稽古場の呼吸音が聞こえたような感覚でした。

今日の本番、どうだったかな?

最近は、自称コンサルタントが多い。

とりわけ、ブログをやっている。

こんな書き方をすると、そういう人たちが嫌いなんでしょ?と思われるかもしれないですけど、正直、疑ってはいる。。。

占い師と紙一重だとも、ちょっとだけか、それ以上に思っている。

モチベーションを上げるということで一致しているし。

だけど、僕は占いが嫌いではないし、むしろ、ラッキーカラーなんかは信じ切っているわけで、だからこそ、自称コンサルティングの皆さんが嫌いというわけではない。

ただ、消費者として思うに、どうにも、お金を出す気になれない。

それは、多分、僕自身が貧乏性だからで、形に残らないものには、お金を出しにくいからだと思う。

芝居の演出も、ヴォイストレーニングも、自分には、信念がある。

それは、雲をもつかめ!というような教え方をしたくない、ということ。

最初は考えさせて、自ら導く力を試すも、最終的にはこうやるんだ!とみせてやる。

それは、自分をなぞれ!と教えたところで、けっして、相手の個性すらもそぎ落とすことにはならないことを知っているから、安心して、見せて、聞かせる。

実はその時、教え子に自分の芝居や歌を見せるときが、自分の本番以上にプレッシャーを感じている。お客さんに失敗は見せられても、教え子には見せられないと思っているから。

なんだか、それと同じように、コンサルタントも、自分がその実力を見せてくれなければ、僕は信用できないんんだ。

こうやるんだ!見ててご覧。ね!と言われないとダメ。教えるならやって見せろと思ってる。

経営コンサルタントなら、自分が経営した方がいいんじゃないか?とか皮肉込みで言ってみたりする。

たしかに、選手時代に3流だった人が名監督になったりするけど、監督は教える人ではないわけで、教える人というのは、名プレイヤーである必要があるに、決まってると思っている。

だから、ホントに、大変だよ。本番がなくたって、歌も芝居も磨いてく。

今日、出かけにヘッドフォンが見つからず、仕方なしに100円均一で、応急処置として、イヤフォンを買いました。

再生してみると、えらい反響のない刺さるような細い音質で、思わずハードがぶっ壊れたのかと思った。

今日では、こんなものまで100円?という感じで、100均でイヤフォンまで売ってるのですけど、やっぱり100円、これは仕方なし、ゴミ箱行き必至です。100円と言えど、久々にごみ級のものにお金を出してしまった・・・

自称ミュージシャンの私ですが、さすがに音にはこだわります。

とはいえ、ヘッドフォンに万単位のお金を出すレベルではないですけど。

でも、ヘッドフォンに平気で、2万、3万だす人がたくさんいます。多くの家電、たとえばシロモノとか、テレビとかの売上げランキングがコスパによる競争に偏ってる中、唯一、ヘッドフォンの競争だけが、価格ではなく、音質が決め手となっているって知ってました?
ヘッドフォンとイヤホンを合わせた売上の中で、なんと2位に4万円弱のヘッドフォンがきているという・・・(2013年10月24日現在)
音にこだわる人がとてもおおいことに驚きます。

音って大事なんですよね。100円のイヤフォンを買ってしまった自分が情けないです。

それと、日本のメーカーがあちらこちらで、ダメダメ言われてますけど、ヘッドフォンの売上ランキングトップ10はほとんどSONYの独断上みたいですね。

イヤフォンの1位が、これ。SONYのXBA-C10です。

それからヘッドフォンの1位がこれ。これまたSONYのワイヤレスタイプのMDR-HW700DS

SONYがんばってます。

そんなこんなで、新調したくなってしまいました。

自分からわりと近いところで、面白そうなプロジェクトが立ち上がると、なにかとお声を掛けていただける。

ありがたいなーと思います。

最近は、そんなこんなで、なにかと毎日、人と会う時間が多いです。

コミュニティを作っていく中で、やっぱり、重要なのは、コミュニケーションですよね。
英語にするとほぼ、同じ響き。

常日頃、思っていること。

声を掛けてもらえない人

やる気があっても、色々なことに挑戦的な人であっても、人と一緒に心から関われなければ、いざ、何かが動き出したときに、声を掛けてもらえない

これは自分の目で色々な人を見てきて、確信しています。

あれは、ダメ、やっても意味ないよ、どうせ失敗するに決まってる

僕自身、周りからこう言われるプロジェクトでも、基本的に飛び込みます。

否定的な意見には、とにかく気をつけるし、流されないようにする。

なにもやらない状態を、ゼロとするならば、人から揶揄されるような状態でも、動いていれば、それは1でも2でもある。
ゼロを1にするのが一番大変なんだということは、いろいろなプロジェクトを立ち上げてきたから肌で実感しています。
もしくは、なにもないゼロよりも-1のほうが良いことだってある。
そこに実態がある、人が動いている以上、そこには、絶対、人の思いがあって、その思いをそれこそこコミュニケーションをとって絆を作りながら、発展させていく。

ゼロからやるよりも、ダメなものを良くする方が効率的だし、ハッキリ言って良くなってから来る人よりも、駄目なときに共に戦った人の方が絆が深まる。
すでに成功しているところに飛び込んで、一員になれたからといって、どうしてもそれで満足できない。

そんなふうに、あとから飛び込むことを目標にする人のほうが多い。

メジャー指向や、一流企業への就職や、もちろん、否定はしないけど、僕自身は、3流といわれるところから、ともに登るほうを好みます。
成功にむかっていくその過程を人と共有したいし、楽しみたいと思うし、その方が絶対おもしろい。

苦労は多いけど、だからこそ独立して会社を設立したし、多くのまだ、種から芽が出始めているような団体やプロジェクトにも積極的に参加していきます。

オーディションに落ちる。

そんな経験、たくさんしてきました。主に俳優として受けたことが多かったです。
たまたま合格率が良かったのが舞台だったので、僕の芸歴が舞台よりになったに過ぎず、もともとはテレビ俳優になりたかったー(遠い眼差し)
音楽活動もしてきましたが、なぜか、音楽はオーディションを回避して、ひたすらライヴハウスで歌い続けていたけど、そのせいか、タイミングを逃してきたのかも?(負け惜しみ?)

最近、キャスティング会社を経営している友人に頼まれて、あるテーマに合う歌手を探していました。
人づてに集まったデモ音源をまず、その友人に聞かせる前に確認してみました。
エラーがあってはいけないと思ったからです。

たくさんの熱の入った作品が集まってスゴく感謝しました。SりーY田さん、ありがとー!!!!

たとえば、「これ、今回の趣旨とはあわないなー」というものがあるにはあるんです。

その友人は普通に電話を掛けて出たためしがない、着信を拾って自分のタイミングで折り返してくる自分勝手なやつ(笑)だ。
おかげで毎回、電話代がかからなくて助かってますが。。。(たまには一発で出て見ろ)
合わないものを渡すわけにも行かず(今回は、アーティストの推薦、つまりはフィルタリングもやることになるわけで、失礼を承知で、フィルタリングさせていただきました。)

ただ、今回、自分がフィルタリングをしていて、とても勉強になりました。

テーマに沿うか?我を通すか

小塚ツルギlive in 渋谷多作

オーディションの場合、そのオーディションにテーマがある場合は、テーマに沿わない時点で、フィルタリングの段階からはずれてしまいます。
どんなオーディションも必ず最終審査員の手に渡るわけではないはず。

途中にフィルタリングが入るはずです。全部見るのはアメリカンアイドルくらいだろう・・・(いや、あれもどうだか・・・?)

アーティストはアーティストだけに我を通す人が多いし、当然なんだろうけど、お仕事!として考えたときでさえも、我を通し続けるのは、世の中広しといえどアーティストくらいのもので、(自分も含めて)。
そのことが機会の損失になっていたのかということを今回、フィルタリングをしていて初めて気付かされたわけです。

もちろん、お仕事として捉えた時の話なので、我を通し続けるのが主義というアーティストを否定するわけではないです!(が、メジャー指向の方にとっては諸刃の剣でしょうね)

たとえば、僕はデザインの仕事もしていますが、我を通し続けることなどできるわけもなく、チラシや会社案内、ウェブサイトなど、そこはお客さんの商品やサービスをアピールするステージなので、自分がこれで完璧!と思ったデザインさえも、デザインの分野では素人であるお客さんの言うことのほうが絶対です。極力従います。
明らかに逆効果になると感じたときは提案しますが、お客さんの提案と希望に添った形の中から新たなアイディアを提案します。(言いなりとは違いますよ!デザインの効果とお客さんの希望の最高到達点を探すんです。結果的に良くなることの方が多いです。)

オーディションに受かるためには、我を通すのももちろん、戦略ですが、現時点、テーマに沿う、市場のニーズに合わせる、プロデューサーの趣味嗜好を捉えるというのも、更なる強い戦略の一つだと改めて思いました。

ましてや、フィルタリングにひっかかるレベルでは、一生食っていけないだろう・・・なるほどなるほど、がんばろう、ボクの場合はシナリオの話です。
音楽は-、今や、我を通し続けていくことしか考えてませんので。。。
いやちがいます、自分テイスト以外のものを敢えて作る技術がないのです・・・ミュージカルとポップスのみの作曲家です。

過去にテクノ、民謡など、撃沈していますので、あきらめました。ぎりぎりロックまではOKです。
作曲依頼もどうぞ♪(宣伝告知で締めるのか・・・)