どん底に落ちたことありますか?

どん底で連想するのは、お金、恋愛、仕事。

そういうシーンでどん底を経験したことがある人ならば、わかると思う。

自分がどん底なのに、赤の他人の幸せなんか考えられるか…と。

海外の貧困に焦点を絞っているNPO法人やNGO団体の人から言わせれば、あなたのストレスなんかストレスじゃない。
世界にはもっと不幸な人がいる。

もしくは、こんなことも言われたこともありませんか?
ストレスなんてみんな抱えている。

でも、ストレスのレベルも、不幸のレベルも物差しで測れるだろうか?
どちらも、キツイと感じる心の問題で、心のきつさが、物差しで測れるわけでもない。

世界では、17秒間に1人が餓死で亡くなっているという。
たしかに、見過ごせない事態だ。

日本では、年間2万人以上、多い時では3万人の人が自ら命を絶っていると言います。
これはロシアに続く世界2位の水準。
なのに、世の中は、そのことに余り関心を示さない。

線路の先で命が絶たれたことに対して、腕時計をみるような国だ。

インドでスラム街を見た衝撃は大きかったけど、今では、自ら家族を持ち、その家族を守ることで精一杯になった。
正直、スラム街の心配はできなくなった。
あの頃の自分が変わってしまったことに少し自己嫌悪がある。
バックパックを背負いながら、この世の中を変えたい!と最近、どこかで聞いたセリフだけど、本気でそう思ったのだから。

それでも、今、ようやく目が向けられるのは、もっと身近にいる人たち。

気が付くと、このまま行くと危うい人がたくさんいる。

無年金問題、就職の問題、一度リタイアしたら、元の水準に戻すことはもはや不可能に近い。

40,50で仕事を辞めた時、もしくは、会社がなくなった時、再スタートをかけて見る求人には、元の給料には戻せない。
およそ25万くらいで良い方で、年金、保険、住民税、車両税、住宅ローン、または家賃、子供の教育費もろもろ払ったら、手元には食費すら残らない。

経済学者は起業しろと言う。今はチャンスがたくさんあると言う。

結構、簡単に言ってくれる。ビジネス書を見れば、精神論を振りかざし、きっと成功すると書いてある。
僕にはできた。たくさんの支えがあって。
とても感謝している。
ただ、これを誰もができるとは到底思えない。

時々、気をゆるめると不安に押しつぶされそうになり、泣きたくなることもあった。
一つも売れない。問い合わせもない。
そういう事態をひとつひとつ乗り越えて、ようやくたくさんの「なるほど、そういうことか!」というものが増えていきました。

なんとかなると思えるまでは、相当時間を要しました。

元金銭的にどん底だったミュージシャン兼役者時代を過ごした。食パンだけで毎日過ごしていた。174cmで体重は58kgだった。
何をどうしていいか分からず、初めて海外に行き、アジアをバックパッカーで一周した。
とにかく学ぼうと思い、心理カウンセラーを学んだ。
FPの資格をとった。

起業した。仕事上のトラブルが原因でうつ病にもなりかけた。(なっていたのかもしれない)

あの時は、伏せったまま立ち上がりたくなかった。何もできない時間がとても長かった。
心の強さなんかはなかった。
多分、責任感でなんとか奮い立とうとしていた。
心理カウンセリングを学んでいたせいで、自己カウンセリングができたことは救いだった。

半年くらいで立ち直り、一気にフル稼働させて、一念発起、会社を立ち上げました。

試行錯誤を繰り返して、今、なんとか一企業を運営しています。

多くのどん底の人たちに目が向くようになったのは、自分に余裕ができたせいと思います。
自分に余裕がないと、自分以外のことに関心が行きません。
まず、周りの人が見えるようになり、そして、また、インドのスラム街のことも思い出すことで、なにかに貢献していけるのかもしれません。

とにかく、自殺者2万人もいるこの国で、自分だけで精一杯な人に対して、他人に優しくなれという方が難しい。

元極貧アーティストの立場から、今、会社経営者になったいきさつを踏まえて、
貧困問題、年金問題、仕事の問題にメスを入れていきたいと思っています。

今、どん底からの生還の術を執筆中。
今月、40歳なもので、自分の中の一区切りのつもりで、全てのどん底に送りたい。

仕事ができる人、成功できる人、どんな人ですか?

前に、バラエティー番組で最近ではめっきり姿を見かけなくなった経済学者の森永卓郎さんが言っていた。

お金持ちになれるのは、よっぽど頭がいいか、よっぽど悪い奴かのどっちかです。

その極端な論調が好きだったんだけど、揚げ足取られやすいですよね。

僕の周りには、役者、ミュージシャンをはじめとする芸術家がたくさんいる。それは、類が友を呼んだ結果ですが、最近では、起業家もたくさんいる。

どちらの分野でも、成功している人もいれば、なかなか底辺から抜け出せない人もいる。

アーティストにしても、起業家にしても、その底辺といったら、もう、それは、厳しいライフスタイルです。

成功する人の特徴

成功者の傾向は、成功したとたんに、付き合いが減る。こちらの調子が良いと、付き合ってくれる。
つまり、そのステージが同じでないと、付き合おうとしない。
ちょっと、というか、かなりクールな傾向がある。

およそずるい。提案があると、4:6か、3:7くらいで、自分に有利な提案しかしてこない。
たまに0:10という提案をしてくることもある。相手にする事なかれ、彼らはこうして上に行くのだ。
話ででてくる金額の単位は、千万円。

底辺の居続ける人の特徴

なかなか上にあがれない人の傾向は、とにかくいい人すぎるのだ。
無料でなんでもやっている。自分も無料でものを頼もうとする。
謝礼を支払うという文化がない。贈り物しかり。土産も買わない。コミュニケーションがなあなあで、せまい中でぐるぐる回っている。
確実に営業には向かない人たち。
話に出てくる金額の単位は10万円。2桁違う!

下流はどうするべきか?

こうして、特徴を並べてみると、上と下では、両者に接点はない!
普通に暮らしていたら、交わることはないのだ。
そして、経済は上の方だけでぐるぐる回るのだ。

だからこそ、思う。脱下流の最初の一歩は、上にフックをかけるところから。
どん底から這い上がる方法を考えます。「脱下流を提案するFP」をここに宣言するのです。

メルマガも配信予定です。なんかもう黙ってられなくなってきた。

そこが元極貧ミュージシャン、今、会社経営兼FPの自分にできることかなと、気付いた。とりわけ演劇人と会う度に、心配になる。

無印ポイントみたいなのが、いつのまにか1000ポイントあって、なにかネットで買おうかと思ったら、だいたい送料525円なんですね。
475円の買って、チャラか・・・しかも、これ、あと2日くらいで切れるらしい。

放っておくか?

おもろない。
調べてみると、無印良品には、寄付という「商品」があって、サクッと寄付しておきました。
うん、良いことをした。

でも、なんか、このポイントで寄付っていうのは、良い仕組みですね。
このご時世、生活に余裕のある方なんて、一握り、なかなかナケナシの現金を募金箱に入れる勇気がありません。
でも、あともうちょっとで切れる、買う物も特にない、買っても送料で食われてしまう、そんな細かいポイントを、たくさんの人から集めれば、けっこう大きな力になるような、そんな気がする。

ポイントを発行しているサービスは、無印良品を見習って、寄付という「商品」を用意して欲しいなーと思った。

ファイナンシャルプランナー技能士だけに、最近は特に、税金、保険料にはアンテナが敏感になってします。

国民健康保険と国民年金を社会保険に切り替えるかどうかのギリギリのライン。
そのラインっていうのは、だいたい年収360万円前後、扶養の有無などによって少し変わってきますが、先ほど、特ダネで国保が月に1万、2万増額された!と特集が組まれていました。

国民健康保険が月額1万円アップ!?

控除後の所得から保険料を算出していたのが、控除前の所得から保険料を算出する方式に多くの自治体が切り替えたためです。

ちなみに、2年前から、控除対象扶養親族が16歳以上になってしまい、突然、2人の子供の扶養控除がなくなったとき、保険料が一気に上がったのを覚えています。
目ん玉飛び出ました。
でも、あの時は、民主党の子ども手当があるからトントンかと思っていたのですが、(それでもマニュフェストの半額でしたけど・・・)それもいつのまにか終わり、結局、扶養控除だけがなくなるというだまし討ちかよという感じでした。

16歳以上のお子さんがいらっしゃる家庭はそれでも、扶養が残っていたので、保険料に変化はなかったと思いますが、今年になって、その控除はあるものの、保険料の算出には、控除が利いていない。
実質、値上げ!家庭によっては月2万って、恐ろしいですよね。一気に緊縮財政家庭になりますがな。

本当に子育て支援をする気があるのか?

そもそもですね、子育て支援とか言っておきながら、子育て世代に負担を大きく強いるってどういうことですか!と腹が立つ。特ダネで3人のお子さんを持つ笠井さん怒ってらっしゃいました。
全くその通りで、支援されている実感をほぼ感じたことがない。
幼稚園の3年保育は当たり前の時代、幼稚園の月謝の相場とかわかっているのかな。
公立の月謝じゃなくて、私立の月謝、だって、公立なんてほとんどないので、ないものを基準で考えられても困る。

お給料30万円、いったい手元にいくら残るのか?

月収30万円の人が、国保に1ヶ月、3万とか4万はらって、夫婦で国民年金を支払い、住民税だってある、幼稚園の月謝を支払い、食費、家賃または住宅ローン、光熱費、このご時世、車だってあるでしょう、駐車場代に、車両税、あっという間に来る車検。
そりゃ、軽のブームもおとずれますがな。
どんな生活を強いられるんですか・・・。手元に残る自由に使えるお金は・・・ざっくり計算すると・・・2万5千円也。奥さんのパートは必須になってきます。
課長クラスに「おごって♪」は死活問題なのでやめましょう。「課長!ここは割り勘でいきましょう!」愛される部下になれます。
続きを読む