芝居はコミュニケーションだと思っています。

どう演じれば、お客さんがどう思うのか?

演出家や役者これを四六時中考えることになる。

芝居人はコミュニケーション能力が高くなる。

いいやつが多い。

ということになるのは、当然なんです。

そんな芝居にたずさわりながら、MC講座を通してコミュニケーショントレーナーをやっていますが

こんなメールは送っちゃダメ

自分の意見の押し付け。案外、これ、やっている方が多いです。

たとえば、

「今は、日本の若者より、むしろ海外の人の方が、日本の文化の良さを感じてもらえる風潮がありますよね」

一見、何の変哲も無い一文ですけど、確実に自分の感覚であって、相手の周辺ではそうでないかもしれない。

たとえ、一般論でそれに近いことが言われていたとしても、一般論も所詮、多数派意見であって、相手の見解は違うかもしれません。

この場合は、

「今は、日本の若者より、むしろ海外の人の方が、日本の文化の良さを感じてもらえる風潮があるような感じがします。」

自分はこう思ってますよというニュアンスにまとめる方がベスト。

評論家ではなければ、言い切りは気をつけて下さい。

こんな返答メールはイラッとする。

たとえば、相手から、「Aの部分に、こう付け加えた方が良いと思うのですが、いかがですか?」

と提案のメールが来たとします。

やってはいけないパターンは、「Aの内容は今までと同じでいいです。」

これは、相手の意見を一度も受け止めていない、完全に上から目線のメール。上司や発注者だからいいだろうという方もいらっしゃると思いますが、どう思いますか?

多分、できればこの人と今後、取引をしたくない、こんな上司はイヤだという気持ちにさせると思います。

どんなに未熟なアイディアだと感じても、一度受け止める。

ボクの場合は、その提案があまり良ろしくないと思っても、一度、受け止めて、良い部分を見つけて、どうしてそれが採用にならないか?を説明して、更に、良い部分をもう一度、言います。

でも!無礼なメールに怒る必要はない

というわけで、あまり気を使われないメールが多い中、怒ってしまっては、本末転倒。

せっかくの提案も無視されたのでは、苛つく気持ちも分かりますが、およその場合、傷ついた方が10傷ついたとしたら、相手はその1割以下の気持ちでしか対応していなかった。

つまり、相手を「10傷つけてやろう!」と思ったわけではなく、相手を思いやる気持ちがほとんどなく、どう感じるか?という思いがなかったと言うだけのことで、まったく怒る必要なんかないわけです。

ほとんどの場合、故意ではなく過失なんですよね。

役者はそういう意味で、上司、講師、コンサル向きである

ときどきそうでもない役者さんもいらっしゃいますが・・・役者さんに限って、だいたい相手の気持ちを考えることに長けている。

あとは知識と技術があれば、なんでもやっていける。

逆に言えば、会社に芝居を導入して、ワークショップを開催するのも良いと考えます。

演出家、芝居人、ワークショップコーチとして、演劇以外のフィールドにどんどん芝居を広げています。

司会・パーソナリティ

毎年、今年の大河ドラマがつまらないというレビューが踊る。

当然、どんなドラマでも面白くないと思っている人がいて、そう思う人ほどネットに「つまらない」と書きたくなるからだろうと予測はつく。

そういう意味で「面白い!」と思っている人も確実にいることを忘れてはいけない。

かという僕は、実は・・・前者のほうだ。正直、あまり面白くない。

僕の中でここ20年で面白くなかった大河ドラマ

「徳川慶喜」と、「江」かな。

徳川慶喜に関しては、ダチョウ倶楽部と堺正章が作りなす雰囲気が民放ドラマのように感じて、過去20年で途中で見るのを止めてしまった唯一の大河ドラマ。

「江」に関しては、正直、本来の小江が持っているべき重みが演者から感じられなかった。

僕の中でここ20年で面白かった大河ドラマ

とりわけ面白かったのは、「炎立つ」、「龍馬伝」、「新撰組!」、「篤姫」

けっこうコテコテなエンタメ系が好きです。

行間で見せるタイプと、映像で見せるタイプの2つのタイプに大きく別れるように思う。

たとえば、葵 徳川三代なんて、いきなり関ヶ原の合戦から始まって、初回からがっちりハートを捕まれたのを覚えています。

個人的に思う大河ドラマの見所とは?

そういう意味で、時代的に大きな事件を迎える物語のとき、それがどう描かれるのか?というのが見所の一つなわけです。

関ヶ原の合戦もそうですし、龍馬伝の池田屋事件や、江戸城無血開城、鎌倉時代で言えば勧進帳とか・・・

それが、この前の「花燃ゆ」の桜田門外の変、

 

銃声一発

 

終わり。

え・・・?

その後は井伊大老は亡くなったということで話が進んでいく。

これにはがっくり。

おい・・・、なに?行間で見せる感じ?まるで小説のよう・・・というか、完全に物足りない。

これは大河ドラマだ。

吉田松陰の描き方にしても、ちょっといただけないとうか、どうにも尊敬できない感じがした。

うつけ者の感じが強すぎる。そのせいで死語の余韻が薄く、残された塾生に託された遺志が本当に刻み込まれているのか?感じ取れない。

これは、役者さんではなく、脚本家の吉田松陰の描き方だと思う。

ちなみに吉田松陰の死の前後の吉田松陰も描かれていない。

そういう際立つシーンをあえて映像で見せない主義らしい。

行間を読んで、想像力をかき立てる。その手法ついては理解しているけど、時折ダイナミックな演出が入るのも大河ドラマの真骨頂なのでは?

大立ち回りや、龍馬伝のように手持ちカメラでアクションを撮るようなシーンがあってこその幕末のような気がするんだけど、女性が主人公だからかな。

幕末の志士たちのいらだちがいまいち伝わってこない。

ちょっと、これは、そろそろ厳しいかも。

どうにか、挽回していただきたいと願う2015年5月。今年は最後まで見ることができるだろうか?

俳優陣は皆好きな方ばかり、どうにか面白い展開を期待したい。

ゲキミックス

来月に本番を迎えるゲキ・ミックス。

明日から本格的な稽古をスタートします。

ボクは演出家。

いつしか、舞台で飯を食う!というのをあきらめて、ビジネスパーソンが、サービスや商品を売るためのPR企画やデザインを仕事にしてきたのですが、それも実は演出なんですよね。

なんだかんだいって、若い頃から志してきた舞台演出と、仕事にしてきたビジネス上のPRは、同じ演出だったんだな!ということに気付くわけです。

そもそも、人の心にどうすれば刺さるのか?

がテーマなわけですから。

むしろ、研ぎ澄まされたんじゃないか?と思ってもいる。

充実した人生。

ゲキミックスのタイムテーブルはこんな感じ。ボクが参加するのは、Favorite Banana Indiansです。

タイムテーブル

★公開ゲネ (下記は全て開演時間。開場・受付開始は開演時間の30分前) ※未就学児童の入場はご遠慮ください。

2014年
9月
5(金) 6(土) 7(日) 8(月) 9(火) 10(水) 11(木) 12(金) 13(土) 14(日)
11:00

遠吠え

スピニング

FBI
15:00 FBI 
&★
スピニング
& ★
FBI 

遠吠え

ロンドン

FBI 

ロンドン

遠吠え

19:00 ロンドン

遠吠え
ロンドン

20:00 遠吠え
&★
ロンドン
& ★
FBI 

スピニング

ロンドン

スピニング

遠吠え
FBI 

スピニング

予約フォームはこちらからよろしくお願いします。

【Favorite Banana Indians】ゲキミックス!ご予約フォーム

直接、ボクまでメールでもOKでございます♪

その他、詳細は主催の劇団milquetoast+のこのページで紹介しています。

そちらより、抜粋

チケット料金
■前売り 2000円
■当日  2500円
★公開ゲネ(前売り/当日)1000円
■リピータ割(要予約)1000円

※リピータ割について
・要予約です
・チケット1枚につき、2回まで有効
・公開ゲネ分チケットのみリピータ割利用不可
・予約がない場合はチケットを持参いただいても【無効】となりますのでご注意ください。
・予約フォーム利用時は、備考欄、メール予約時は本文に「リピーター割」と記入してください。

舞台

このところ、芝居人のライフスタイルについて書いてきました。

表現者としての能力や、コミュニケーション能力が高いので、きっと、芝居以外の分野でも活躍できる素質を育んでいると思います。

ただ、芝居人に限って、舞台にこだわりたい人が多いのも事実で、映像には興味がない!という人が結構多いのを知っています。

こだわり、専門性をさらに追求することは大事なことですが、その専門性を追求している分野が、市場として成立していなかったとき、とても危険な行為のように思えてなりません。

ふと見つけたベトナムの実写版ドラえもん。

これは、仲良しグループか?多分、そのレベルの人たちではなさそう。会社のグループ?もしかしたら、劇団ではないか?とも思う。

それだけよくできているからだ。

市場調査などしなくても、ネットの普及率が世界的に上がり続けていること、一人あたりのネットで動画を見る時間が世界的に増え続けていることは知っていると思います。

ならば、表現者はそこにもフィールドを広げるべきです。シンプルに動くことで、本来、貫きたい舞台にもフィードバックすることができるのでは?と思います。
一口に、芝居と言っても、そこには、広報もあれば、経理もあり、普通の会社と同じです。
動画を広報と捉えれば、けっして、舞台の芝居から逸脱しているわけではありません。

幅を広げて、知ってもらい、たくさんの人を芝居小屋に集めると同時に、市場が欲しいと思うところにも、活躍の場を広げる。

たとえば、このドラえもんを演じている人たちが劇団員であったなら、この広報の効果はどれだけ高いだろうか?この劇団の芝居に行きたい!と思う人がどれだけ増えただろうか?と想像してみて下さい。

「舞台にこだわりたい!」といって、他のことをしない頑固者は、今の世の中では生きて行きづらくなってしまったのかもしれません。
浮気性なくらい、サーファーのように、来た波に、順々に移っていくくらいの柔軟性が必要なのだと思います。

もちろん、知名度とプロフェッショナルというレベルの技術を身に付けてからであれば、それしかやらない!という頑固一徹も通用するし、それこそが売りになるのだと思います。

今から頑固者でどうする?と言ってあげたい(というか日頃から言っている…うるさい演出家だな…と思われているのだろう。)