21日、22日と西伊豆へ旅行してきました。

帰り道、台風ドンピシャ!初日は大丈夫でしたので充分遊べましたけど。

西伊豆は、まだまだ未開拓ですね。台風ならまだしも、雨だった時の代替の遊び場がない。

なんでこんなに観光施設が少ないんだろう・・・と思っていましたが、車で走ってわかりましたよ。

アクセスが悪い。

伊豆スカイラインは、特にバイク乗りにこそ楽しい道路かもしれないけれど、サンデードライバーが家族を乗せて旅行に行くにはややしんどいほどにカーブの連続。

伊豆スカイラインと検索したときの予測検索の次は「事故」ですから、初心者のかたは近づかないほうが良いと思われます。

松崎海岸に行くのに、西伊豆スカイラインこと136号線をみちなりに進んでいけばよかったものの、うちのバカナビが県道59号線を行けと言うじゃない?

こっちのほうが近いのか?と思い進むともう後戻りはできない

静岡県59号線は、一車線道路で泣きのカーブの連続。

岩陰になってカーブの先が見えない!一車線だから向こうから来たら正面衝突です。

すれ違いも岩肌ギリギリにつけないとすれ違えないところが多い。超恐ろしかった。ミラーの角度も鋭角で向こう側が完全に見られないんです。

運転しながら「来るなよ、来るなよ」ってつぶやき続けた。

雨とか夜とか絶対に運転しないほうが良いです。

東京、厚木方面から、西伊豆に行くときは、迷わず東名高速道路で、沼津インターへ!

そこから伊豆縦貫道、修善寺を抜けて国道414号線をまっすぐ。その後15号線へ入るルートをおすすめします。

小田原厚木道路経由だと、伊豆スカイラインを抜けてこなくてはいけないので、ファミリーで行くにはやや同乗者が参ってしまうことでしょう。

県道など入ってしまった日にゃもうついた頃はヘロヘロになります。

帰りは台風ドンピシャで、414号線も消防やパトカーが走っていて状況を確認していました。

あのあと通行止めになったとかどうとか。大きな木の枝も道に転がり落ちてきてるわ、道路が冠水している中走ってきましたが、なんとか帰ってこれました。

台風の西伊豆は宿泊施設待機するほうが良さ気です。東伊豆だったらまだ、道が良いですけどね。高波は心配ですけど。

はじめての日光江戸村攻略法を忘れないうちに書いておこう。

初めての日光江戸村、けっこう広く、ショーや体験などがたくさんあるので、ディズニーリゾート張りに段取りを組まないとあとあと、見れなかった、できなかったと後悔することになる。

まず、駐車場。鬼怒川ホテルの方から入ると手前に駐車場がありますが、そちらは直営ではありませんので注意。
でも、委託を受けているのだそうです。日光江戸村までは、徒歩3分くらい。直営より200円安い600円の駐車場です。

直営は日光江戸村の目の前で、ゲートでは、着物を着た女性がボックスにいますので、そちらに行った方が、ワクワク感が増すような気がします。

まず、変身屋さん。
忍者がお安いので、おすすめ。侍やお姫様になりたい人は、ご予算、+10,000円を想定して、行くべし。
また、お子さんがいる場合は、職業体験がありますが、忍者以外は、参加がNGのようです。
衣装の問題でしょうね。
職業体験を取るか、変身を取るか、ふたつに一つ。

ちなみに衣装は、閉館5時の1時間前までに返却。

忍者に関しては、くつは自前になります。忍者に合うくつを用意。黒い動きやすい靴が良いですね。
アスレチックのようなものもないので、クロックスのようなタイプのサンダルでも充分だと思います。

ときおり期間限定イベントがありますが、宝探し系の場合は初めにエントリーしておくことをお勧めします。
遊びながら、ついでに宝を探すほうが効率が良いからです。
また、この宝探しの面白いところは、ヒントを江戸の街の人にきくことでコミュニケーションが楽しめる点。
時間も遅くなってくると、「そこまで教えてくれるの!」と大変しんせつな江戸町人に出会えるかも。

忍者は2200円くらいで、コスプレできますが、ちまたで売っているものを買っていくもよし、江戸村でも5500円くらいで売っていました。

今後、リピーターになる可能性の高い人は買うべし。

町娘になりたい子は、ほぼ浴衣の衣装なので、自前の浴衣を着ていけばそれで節約できるかもしれません。

ショーはあまり見られなかったですが、忍者のショーは、爆竹がバン!と鳴ったり子供向けではないですね。

また、射撃とそのとなりのかんざしを的になげるゲームは大人でも難しいので子供にやらせない方が良いです。600円がなくなるだけです。
こどもには、手裏剣投げゲームがおすすめ。年齢によって的に近づけてくれるのでほぼ確実に当たって、景品も豪華です。参加料600円以上のものがゲットできます。

おみやげは帰りに買えばいいやというのは、NG。江戸の街にしか売っていないものが多い。逆に入口のお土産屋さんの品数は少ない。

雨でも楽しめるか?について。ショーは見られるけど、それほど屋根のある場所が多いわけではありません。
やっぱり雨ではない方が楽しい。

江戸の街だけあって、食事は、和食ばかり。子供が好むものはあまりありません。持ち込みはOKみたいです。
おにぎりでも買っていくと良いかもしれないですね。
中でも、おそばやうどん、焼き鳥、たこ焼き、くし団子など、あります。

乗り物に乗るようなアトラクションはありませんが、何が楽しいかって、江戸の街人とのコミュニケーションです。

息子がおもちゃの刀を抜いて歩いていたら、「やる気かー?」と勝負を挑まれていました。

女鼠小僧が捕まっているところで、「あらら、かわいそうに」って言ったら「おぬし、どちらの味方だ!」と怒られました(笑)

5時の閉館では、大名を見送るように出口で僕たちを太鼓とともにお見送りしてくれます。

あと、夏だけかもしれませんが、水かけ祭りというものをやっています。びしょびしょになりますので、お着替えを。これも衣装を借りている人は遠くで見ることがルールになっています。

ウェブで割引クーポンが出てきますが、当日券の10%OFFなのかな?日光のホテルで買った方が前売り券の価格よりも安いはず。コンビニのチケット発券サービスも良いでしょう。

最後に混雑状況ですが、郊外ですし、そこまで混むこともないと思います。

うちが行ったのは夏休みの月曜日。けっこう空いていましたよ。とは言え、閑散としている感じもないくらいに賑わっています。たぶん、リピーターさんが多いと思います。はまる気持ちがよくわかります。

2年ほど前から、MC教室のような形で、主にラジオトークのディレクションをしています。

僕自身がまだまだ修行中のみでもあるんですけど、そこは舞台演出家として、PAとしての実績を活かして、クライエントさんの番組制作をさせてもらってます。

今、BayFM「スペシャRISE↑」で活躍中の秋葉信人さんも、僕のところに遊びに(?)来てくれていた方の一人です。

今日、お勧めする番組は「みいこの弾丸レディオ」

みいこのプロフィールはこれからradicasNETで公開するとして、みなさん、いったい何歳の女性だと思いますか?

女性というかまだまだ女の子ですよ。もはや、わが子のような・・・(笑)

聞きどころは「みいこのハートフルシアター」のコーナー。

彼女の映画に対する愛情は、半端ないです。

なにせ、ディレクションしているこちらが、毎回紹介される映画をすぐに観てしまうというマジックにかかっているんだから。

podcastでも配信中です。アナリティクスによると5回目にしてけっこうの数のリスナーさんを獲得しています。

将来楽しみだし、それだからこそ、彼女のこれからにちょっとした責任を感じています。

ステップアップして、ラジオやテレビで映画コメンテーターをしている姿を僕自身も想像しながら、しっかりとサポートしていきたいと思っています。

ちょいと友達と山形県まで旅の途中、新潟県の村上市を訪れました。

鮭がたくさん干している光景を見ることができた。

IMG_20160329_141022

 

鮭の酒びたしと言うらしいです。

僕が行ったのは喜っ川というお店。

どのくらい干すんですか?と聞いたら一年なんですと。気軽に入ってしまいましたが、干している部分はご自宅の一部とかで。

鮭の卵、僕たちがいくらと呼んでいるやつも酒漬けで売ってました。

新潟県は、酒がうまいと言いますからね。僕は日本酒、飲めないんですけど・・・。

大人の観光に向いていると思いますよ!

厚木から村上までは厚木から圏央道を使って、八王子を抜けて関越自動車道に入ります。ぐぐ~っと北に向かえば5時間掛かりませんでした。

圏央道ができたおかげで新潟が近くなりました。

寒い時期は遊園地なんて行ってられない(笑)

子供たちは走り回ってすぐにあたたかくなるんでしょうけどね。

だからといってお出掛けしないと、車通勤でもないうちの車のバッテリーも上がってしまう。

というわけで水族館がオススメなのです。

水族館

神奈川県民にとって水族館といえば、江ノ島水族館と八景島シーパラダイスの2つの1つと言っても過言ではない。
他にもあるとは思いますが、ここでは「がんばれ!」とだけ言っておきます…

そして、僕のオススメは八景島シーパラダイスですね。

横浜横須賀道路がわかりづらい

まず、厚木から八景島シーパラダイスに行くには、1区間でわざわざ東名には乗らずに246から大和バイパスを通って横浜横須賀道路を行くわけですけど、僕は正直言って、この横浜横須賀道路が大嫌いだ。

道路

分岐分岐でわけがわからなくなる。

ナビも激しい。

ナビが激しいって、次のレーンを左にお進みください、更に分岐が続きます。左のレーンに進み更に右へお進みください。

ダメだ・・・意味が分からない。

空に飛びたくなってくる。

途中出てくる横浜新道方面?なんだそれ?とか(笑)

ちなみに僕、生まれも育ちも横浜市なんですけどね(笑)車に乗るようになったのは厚木市民になってからなもので…

方面の表示だって、横須賀方面だ、羽田方面だってちょっと遠目の行き先を表示するでしょ?
みなとみらいやら、八景島に向かう人にとっては、え?横須賀?羽田?そんなところ行かないよ!どっちどっち?となって、慌てて途中で市道に降りているという…あー、情けねー。

首都高の方がぜんぜんわかりやすいよ。首都高で間違える事なんてまずないですから、横浜横須賀道路を使う予定のサンデードライバーの皆さんは、下調べすることをオススメします。

渋滞

家族で車で出かける。

子供がいると困るのが渋滞。一番、きついのは運転手なのにただ乗ってるだけの子供らがクレイムを言い出す。

渋滞

いつ着くの?

知らんがな。

正月、特に1月3日のルートは気をつけるべし。

お盆は、今時、夏休みをずらして取る人が多くなっているものの、お正月はずらせない。

正月を迎えるための帰省ラッシュはまだ、バラつきがあります。年末に出る人、元旦に出る人、それぞれ。

でも、1月3日、正月最終日はみんな一緒に帰ってくる。

この日は確実にUターンラッシュのピークを迎えるわけです。

なるべくなら出ないほうが良い。

それでも、でなければならない人は、

高速道路のインターチェンジには近づくな!

これ、鉄則です。カーナビを多用している人は、この日だけは、カーナビの言うことを無視して迂回しましょう。

親戚揃って飲食店に行く場合、ピークは1時。むしろ、12時ジャストくらいのほうがまだ空いている。

とにかく人と違う行動を取るべきなのが1月3日なのであります。

という僕は、うっかりカーナビのいうことを聞いてしまい、東名高速道路の横浜町田インターチェンジ方面に向かってしまい、えらい目にあった・・・